私たちは保険の不払いと戦っています。

 火災保険は素晴らしい保険です。火災の時以外にも、自然災害で受けた家の被害までみてくれます。台風や突風等、自然災害で家の被害を受けやすい日本という国には、なくてはならない保険です。

 私たちはその火災保険を使い自然災害によって被害を受けた家の家主さんたちをたくさん救えてきたことに誇りを持っています。そして、私たちと想いを同じくし被害を受けた家主さんを救えることに誇りを持っているそういった火災保険会社さんとも出会ってきました。
 
家主さんはもしものために火災保険に入り自分の家を守る。私たちは自然災害によって被害を受けた家主さんの家を火災保険を使って修繕する。そして火災保険会社さんは、申請内容を見て公平に判断し救える家主さんのために保険金を下ろしてくれる。火災保険会社さんは火災保険によってあなたの家を見守り続けてくれるのです。

 この3者の関係はあなたの家を守り続けるためにとても素晴らしい関係と言えるでしょう。ただ・・・残念なことに、一部ではこういった理想的な関係を崩すような事態が起きているのです。先日の話題になった12万件の不払い事件は
記憶に新しいところだと思います。不払いとは、もともと支払われるはずの保険金が加入者に対して支払われなかったということです。

 火災保険でも日々不払いが起きているといったらあなたは驚きますか?これは紛れもない事実です。どのように火災保険で不払いが行われているのか。実際にこんなエピソードがありました。

保険金不払い実際のエピソード

 私たちはある家主さんからこんな相談を受けました。「家の屋根が前年に大きな台風頃からパタパタ音がするようになってしまいました。強い風が吹き、雨が降ると雨がポタポタ部屋にたれてきています」と。

 家を詳しく調査をしてみると自然災害によって被害が受けたことがわかりました。その立証をする書類をまとめ、家主さんにお渡しし家主さんはその書類と共に火災保険の保険申請をしました。火災保険を申請すると、火災保険会社が指定した『鑑定会社』が現場の調査にやってきます。

 民間系の保険会社は通常そういう流れになっています。火災保険会社は加入者から申請を受けると自分たちが指定した鑑定会社に現地調査を依頼する。実はここに大きな落とし穴があります。家主さんたちは調査に来た人たちが火災保険の会社の人だと思ってしまいます。そしてしっかりと保険が適用されるか公平な判断をしてくれる、そう思い込んでしまいます。ただ、実際は火災保険会社の人ではなく基本的に現場の調査は鑑定会社に任せているのです。本来であれば、鑑定会社は公平な判断をすべき役割です。

 自然災害の被害であるところは、その通りであると判断しそうでないのであれば、そうでない理由を立証する。その『公平な判断』をするという役割をしっかりと担い職務に当たる鑑定会社さんももちろんあります。ただ、現実問題、そういう鑑定会社さんばかりではないのです。今回の例に出た家主さんは残念ながら公平な判断をしてくれない鑑定会社に当たってしまいました。

 そういった鑑定会社の目的は申請金額の減額にあります。理由は簡単です。申請金額の減額した一部が会社の収入として入るからです。しかも火災保険会社に気に入ってもらえれば次の仕事ももらうことができます。一部のこういった鑑定会社は『公平な判断』よりも『自社の利益』を優先するのです。今回お話ししている家主さんのところにはそういった鑑定会社が選ばれました。

 鑑定日当日、派遣されて来た方から被害箇所についてこう言われました。「雨漏り?機能的に問題はないので認められませんね」明らかに風害で被害を受けた屋根にそこから雨漏りまでしていて機能的に問題ない?」

 あなたはどう思いますか?自動車に例えるとわかりやすいかもしれません。自動車で大きな事故があったにも関わらず自走できるから機能的に問題がないと言って保険金が支払われないのと同じことです。

 これは明らかな保険の不払いです。公平な判断ではないこと。鑑定士として誇りはないのか。そのことについて鑑定士に尋ねると彼は真顔でこう言うのです。「火災保険会社から依頼されている。依頼主の利益を守るために鑑定している」一瞬耳を疑いました。これはフィクションでもなんでもありません。今お話しした内容をそのまま鑑定会社の人間は言ってきたのです。

 こんなことは火災保険の会社は知らないでしょう。そう祈ります。ただ、こういった鑑定会社があなたの家を調査をしに訪れた場合公平な判断を元に被害箇所を鑑定してもらうことはできないのです。結果は明白でした。保険会社から来た通達は今回支払われる保険金は0というものでした。家主さんは鑑定会社の不公平な判断により本来もらえるべき保険金を手にする事ができなかったのです。

驚きの保険金不払い、その結果

 実はこのエピソードにはまだ続きがあります。私たちはこんな不公平な鑑定によって家主さんが泣き寝入りするのに我慢できませんでした。日本損害保険協会(損保ADR)という前にお話しした調停機関を通して私たちは戦いを続けました。

 結果、私たちの調査結果が全面的に認められ保険は下り、無事家主さんの家を守る事ができたのです。今お話ししたような仕組み・体制が変わらない限り残念ながらこういった私たちの戦いは絶える事がないでしょう。そのため、時に私たちは「違法業者」などとののしりを受ける事もあります。それでも私たちは然災害によって被害を受けた家主さんの家を守ることが使命だと固く信じています。

 表には出ないこういった話、業界の仕組みを知りあなたは驚かれたかもしれません。誤解のないように付け加えておくとすべての鑑定会社さんがそうであるわけではありません。火災保険会社がしっかりと公平な判断をしてくれる鑑定会社を使って調査をして、家主さんの家を守るお手伝いをしてくれるところを何社もわたしたちは知っています。

 ただ、一部の心ない会社によってしっかりと信念をもった保険会社、鑑定会社までそう見られてしまうのはとても残念です。いずれそういったところは加入者の信頼を失い淘汰されていくでしょう。あなたも諦めないでください。私たちはあなたが諦めない限り大切なあなたの家を守るために戦い続けます。

住まいの特別レポート 無料配布中

「家屋を守るために知っておきたい7つのこと」



最近気になりませんか?

天井に雨染み、雨漏りがある、
風が吹くとカタカタ音がする、
随分家のメンテナンスをしていない、
雨樋あかけている、、、など。

なぜあの家は持ち出し無く修繕できたのか。

もっと早く知っていれば、、、
そんな後悔をしないために。

家屋を守るための特別レポートは
こちらからお受け取りください。


ダウンロードする

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    全労災最悪です!
    周りも軒並み不払い、自分も何件も不払いされてます。
    担当も頭が悪いのが多いようで何を言ってもだめで、
    自分の言ったことも会社のことも、何を聞いても
    分かりません、把握してませんのオンパレード。(笑)

    医者の診断書も全否定で、全労災の自称用意した
    というものは嘘八百で全く見当違い。

    果ては不払いのほんの一部だけ払ってやったという
    連絡がきたと思ったら過払いだから返金しろと・・・
    呆れるのを通り越していいお笑い種です。

    自分はこんだけのことがあったもんで、
    友人知人家族に周知徹底してますよ。
    そんな不払いするとこは早く解約しないとねと
    家族はまっさきに解約して他社に切り替えました。

    悪いことはいいません。
    金をどぶに棄てたくないなら全労災だけはやめたほうがいいです。

  2. 匿名 より:

    そもそも、鑑定資格じたいが、保険会社の天下りの団体ですからね。
    最近はマシになりましたが以前なんて代理店でSTOPしている事案が多発してましたし。
    カチョコさんにはもっと広めてもらいたい。

    東鑑なんて、代表が東京海上の天下りで
    認定ベースでインセンティブを鑑定に渡したりと、もうわけわかめ。

  3. pon より:

    ADRも微妙ですね。
    鑑定人の資格を発行しているのは損保協会。
    その資格が保険会社の犬を作る。
    ADRは裁判にするための通過点。
    そもそも、いい加減な鑑定人がやったこと以外は保険会社が和解する可能性は極端に低い。
    裁判になれば立証責任は請求者。
    請求者は立証出来ず、負ける。
    これが世のセオリーである。
    知っていてあえて黙認している損保協会、金融庁、自民党が悪い!
    まずは消費者のための法律を作らなければならない。

コメントを残す


ホームに戻る